トースター メリット デメリット

ポップアップトースターの良いところを考える

焼きたてパン

 

パンをトーストする家電としては比較される『オーブン式とポップアップ式』どちらも優秀ですが似ているようで違いがあります

 

たぶんこのページを見ている人もだいたいお互いの違っている点はわかっていると思うのですが 改めて確認してください

 

 

オーブントースターのほうが機能が豊富

 

「遠赤外線ヒーターでこんがり焼く(機種によっては違います)」

 

「パンを焼く以外にもお餅やピザも焼ける」

 

「選ぶ機種によっては小型のオーブンとしても使える」

 

「色々な調理に使える」

 

「使いやすい工夫がある」

 

 

調理がいろいろできる点はオーブンタイプのほうが便利だと思います

 

 

 

 

次にポップアップトースターの良いところ

 

「短時間でパンが焼ける」

 

「熱源となるヒーターとパンが近いのでさくさくふわふわトースト」

 

「コンパクトで小型なものが多いので場所を取りにくい」

 

「オシャレなデザインの機種がある」

 

「キッチンのインテリアとしても悪くない」

 

「いま時で考えると珍しい」

 

ちょっと無理ありですが良い面を探してみました

 

 

 

 

トースターとして考えるとポップアップ式のほうが良いと思います

 

が・・・幅広く料理を作る・調理をするを考えたらオーブン式のほうがメリットとしては上と言わざるおえないですね

 

 

でも、朝の忙しい時間に短時間でパンを焼いてくれるのはポップアップトースターの良い面であり魅力だと思います

 

 

 

価格は3000円台〜5000円くらいなら口コミや評判がいい人気の機種が販売されているので選んでみてください

 

家電量販店の店頭やホームセンターにもあまり商品は置いていませんね

 

ポップアップトースターを使ってみようと思う方は少ない 販売する側としては売れ筋ではない証拠なのでしょうね

 

 

”何だかもったいない” 気がします

 

 

「パンが好きでよく食べます」と言う方はその良さを知っている方も多いのでしょうが

 

たまにしか食べない・別になくても困らない 方にもできれば関心を持ってほしいですね

 

 

 

パンが焼けると”パンがポンと飛び出すアイデア” 考えてみたらかなり昔からこのスタイルなのでしょう

 

昔、懐かしいレトロな家電としてではなく 今、現在の新しい形としてポップアップトースターに注目してもらいたいです


まとめてみると

美味しいトースト

”ポップアップトースターの良い点・マイナスな面”

 

 

 

毎日、食パンを食べるの方にはやっぱり「使いやすいこと」 「短時間でこんがり焼ける」 「トーストが美味しくなる」

 

8枚切りの薄いパンから4枚切りの厚めのパンまで焼けます

 

冷凍しておいたパンも短時間で焼ける 冷めたパンを追加焼き機能で温めなおせる コンパクトで置く場所がなくても使いやすい

 

 

パンくずをまとめて処分するための受けがあるのでお手入れは楽

 

トースト派の方には美味しく朝からパンが食べられるのでお勧めです

 

 

 

 

 

 

ただ、チーズをのせたトーストには使えない

 

ピザトーストは焼けない

 

マーガリンやバターを塗ってからは焼けない

 

使える機能はパンを焼くだけ トースト専用の家電なのでどうしても機能は少ないです

 

 

 

 

それでもパンが好きって方 特におかずパンには使えませんが食パンや山形パンをよく食べる方には使ってほしいですね

 

 

ちなみに ホームベーカリーで焼いてパンもポップアップトースターでは焼けます  が・・・パンの挿入口(スロット)部分が小さいサイズもあるので選ぶ時は気を付けてください



ランキング おすすめ